エスポワール乗船中

福本伸行とか福本伸行とか福本伸行とか漫画とかファミコンとかそういうことを書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFOふれあい館に行ってみんなとふれあってきた

文化の日ということで文化的なことを。

本博終了後KUBさんがどうしても
福島に来たなら連れて行きたい場所があるというので
UFOふれあい館に行ってきた。

事前にツィッターでKUBさんと
UFOふれあい館の話をしていたら全然知らない方から
「あそこは何もないのでやめておいた方がいいです」
と忠告を受ける始末。
当日も地元の方に
「あそこ行くんですか?!」
と言われてしまった。
一体どんな場所なのか胸が踊る。



まずはホームページから。
UFOふれあい館
http://www.mixpink.com/ufo/ufo_index.html
ミックスピンクって何。


おいしいにおいがぷんぷんする
ホームページを見ていただいたところでたたみます。





福島市でのイベントを終えた後我々UFO探索隊は
二手に分かれ一路UFOふれあい館へ向かっていた。


私が乗った車は私、KUBさん、
遠子さん、ひびきさんだったのだが
目的地に近づくにつれ空を不気味な雲が覆い
我々の到着を拒んでいるようだった。
やはり皆UFOを見に行くということで緊張しているのだろうか、
車内の空気もどこかしら張り詰めていて
「昨日の馬刺はうまかった」
「女子高生、女子高生」
などと会話が重い。



山のふもとに着くと看板を発見、
早速撮影を試みるも
IMG_3279.jpg


IMG_3280.jpg
うまく撮ることができない。
これも宇宙人の妨害工作なのだろうか、
まだふれあい館に到着する前から
このような怪奇現象が起こったことに
我々の緊張はピークに達した!!



車を進めると
IMG_3281.jpg
何と我々は館に到着する前に
グレイを見ることに成功。
ここは本物のUFOスポットなのか?
そんな期待に胸が膨らむ一行。





駐車場に着くと地元民Kさんは
車を止めなさそうな所に車を止めたので
ここ?と聞くと
「いいのいいの、誰も文句なんて言わねーし」
と言っていた。
県民性なのだろうか、
実際誰も気にする様子の人もいなかった。
自由な国である。




館の下にあるUFO物産館に入ると
IMG_3286.jpg
等身大グレイがお出迎え。




IMG_3285.jpg
いらっしゃいませ○×△○□

記号の辺りは宇宙語のつもりなのだろうか。
だとしたら宇宙人もなめられたものである。




物産館のみやげ物コーナーに売ってあった
IMG_3332.jpg
ユータンレーダー。
UFOを探索できる機械が2100円で
みやげ物屋に売っているとは
さすがUFOスポットのメッカ。




ここで第一陣のメンバーから本館がすごいとの知らせが入り
我々は後ろ髪を引かれる思いで物産館に別れを告げ
ふれあい館本館に急行すると入口には
IMG_3287.jpg
おびただしい数のUFO関係の書物が。
大量に置いてあるオカルト好き御用達雑誌ムー。








トイレをすまし身を清めてから
いざのれんをくぐると暗闇の中で
電飾の星々が輝く大宇宙が私達を迎えてくれた。
文化祭のような大宇宙が。

脇にあるボタンを押すと
IMG_3289.jpg
グレイの死体。
ぼんやりと出てくる姿はちょっとしたホラー。




大宇宙を抜けると展示室が現れ
IMG_3293.jpg
また宇宙人。
ここで私は念願の宇宙人との記念撮影を決行した。
気分は第二のロズウェル事件である。




この宇宙人達の横に
誰か座っていると思ったら
IMG_3294.jpg
ノーイ博士の部屋。

ノーイ博士とは何者なのだ?と思ったら
横に説明書きが。
「もちろん実在の人物ではありません。
私たちの夢を背負って日々研究活動に励んでいる
夢追い博士を実現したものです。」

何を言っているのかちょっとよくわからないが
熱意だけは伝わってくる部屋。





驚くべきことに何と
IMG_3299.jpg
新聞にUFOの記事が。
公的な機関もいかにUFOに力を注いでいるかわかる証拠である。
この県では日常レベルでUFOにふれあっているのであろう。

その場にいた福島県民かぎやさんに
全力で否定されたが新聞に書いてあるのだから
私をだまそうとしているのだと思うことにした。




更に新聞のみならず
IMG_3300.jpg
元県知事の佐藤栄佐久なる人物が
UFOについて言及していた。
佐藤B作みたいに冗談でつけた名前かと思ったら本名だった。

「UFO!ご存知ですか?
いいえ、ユーエフオーではありません。
そうです。ユーフォーなんです。」

自分で問いて自分で答えを出す
一人問いかけから始まった文は
「UFOという言葉はその世界の人が聞けば
切手の収集家が新しい郵便切手に接するときのような、
ゴルファーが初めてのコースのティグラウンドに立ったとき感ずるような」
という独特の言い回しからUFOをUHOと書き間違え
知事自身がゴルフの帰りに異様な発光体を見たという
思わぬ展開を見せたのかと思いきや最終的に流星群だったという
結局何が言いたかったんだという非常に興味深いものである。





IMG_3308.jpg
アダムスキー型UFO。
機体に書いてある文字が
地球の文字そっくりに見えるのだが…



先にアダムスキー型UFOに
興味を持っていた遠子さんによると
何とこのアダムスキー型UFOは
ボタンを押すと浮くというのだ。
本当にそんなことが可能なのだろうか?
半信半疑のままボタンを押すと
ゆっくりと回転しながら
浮いてくるではないか!
何というテクノロジー!!

何なのだこれは。
予想していなかった展開に驚きを隠せない。
この高度なテクノロジーは一体どこからきたのか?
高度な文明を持つ宇宙人との交流で得た技術なのか?
疑問は尽きない。
まずどうやって浮かせているのか、
リニアモーターカーのような技術の応用なのか?
これは調査せねばと下から覗くと
棒で支えているだけだった。





飯野町のテクノロジーに感心していると
隣に宇宙人の声が聞けるボタンがあり
押してみるとあの独特のボイスチェンジャーを使ったような
宇宙人の声が聞こえてきた。
「ミナサン、コンニチハ、私ハ、アダムスキー型円盤デス」

円盤がしゃべっちゃったよ。





個人的に一番興味をひかれたのはこれ。
IMG_3295.jpg
CIAの機密文書。
なぜ福島県伊達郡飯野町にCIAの機密文書があるのかは謎だが
この1000枚にも及ぶ文書を手に入れるコネクションがあるのだろう。
今思えばその場にいた研究員に中身を聞くのを忘れたことが悔やまれる。

全部英語なのであさげさんにこれを訳してくれと
言ったら「何で」と言われた。
男のロマンがわからない奴だ。




ここでは更に3Dシアターが見れるということで
3Dめがねをかけながら鑑賞。
IMG_3314.jpg
いい大人達が口をあけて興奮する図。

内容はこの町にはモアイ石や三角石などから
形成されるパワーラインなるものがあり
それがUFOだか電磁波だか磁力だか忘れたが
そういうものがあるという説明や
千貫森の近未来図などが上映された。


3Dで飛び出してくるので後ろから
「アバター、アバター!」
「フィフスエレメント!」
「かっけぇ!」
ととにかくうるさい。
かくいう私も童心に返り飛び出てきた星などを
掴もうとしてしまい大人げない部分を見せてしまった。

後、3D映画が今年のヒット商品に選ばれるこのご時勢に
生まれて初めて見る3Dがこれだったひびきさんに泣いた。





キャトルミューティレーションや
M(マジェスティック)-12事件など有名な事件の
ポスターやUFO目撃体験の記事などを見ていると
KUBさんが雑誌掲載時の植田まさしの
すっから母さんを見つけてきてくれたり
(どこから見つけてきたんだあれ)
あちらこちらから
「プランさんこっち!」
「プランさん!」
「プランさんこれ見て!」
と呼ばれるものだから一体どこから行ったらいいのか迷ったが
どこに行ってもすばらしいものばかりだったので
本当に楽しかったし同行してくれた仲間達も
トランス状態に陥った私を微笑ましく眺めていてくれて
本当にありがたかった。

とういうところでここまでが
UFOふれあい館1階の記録なので
続きはまた明日書こうと思う。
我々の恐怖はまだ終わらないのであった。

コメント

書庫が「どうでもいいこと」に入る記事になってるのがエレガントでござんすw

しずきさん
福本先生と人様に関すること以外は
全部どうでもいいような内容なんですけどね。
福島よかったですよ。
後は岩手と秋田と青森に行けば東北制覇っす~。
仙台とかは普通に楽しそうでござる。

初めましてー
ついツイッターで止めに入った人です…(実家が直線距離5kmくらいのところにあるので食いつかざるを得なかった) ガッカリを楽しむつもりではあるんだろうけど、本気でガッカリして帰られたら気の毒すぎて心が痛むなぁ…などと思っていたのですが、まだ楽しんでいただけるレベルのガッカリだったようで心底安心しております…これが仲間の力ってやつか…!!

プランさんなら秋田新幹線も楽しんで乗ってくれるんだろうなぁと思います。
終点直前でいきなり進行方向が反転する秋田新幹線…
新幹線なのに「すれ違いのため一時停車します」とか言い出して本当に山の中で10分くらい停車しちゃう秋田新幹線…!
でも本当に行くならやっぱり高速バスか飛行機が便利らしいですよ!!

それではオジャマシマシター!

にょろりさん
何と。
あのとき忠告いただいた方でしたか。
しかしあれよく話してるの気がつきましたね。
まさか毎日UFOふれあい館で検索している
UFOふれあい館マニア…。
ガッカリポイントだなんてとんでもない。
パワースポットでしたよ。
最高でした。
秋田新幹線、子供の新幹線のDVDで見たことあるかもです。
新幹線なのに在来線の線路走るやつでしたっけ?
すれ違いで止まるのとかおいしそうですな。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://plan999999.blog61.fc2.com/tb.php/751-6be2ee88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

プラン

Author:プラン
福本漫画にはまって十数年。
可はなく不可はある男。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

リンク

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。